イメージフォト
Copyright
All Rights Reserved.
MECC LTD. 2003
無断転記・記載を禁じます
No reproduction or republication without permissio
n
多分岐光カプラ(1ポート入力、複数出力ポートの基本構造)
光ファイバネットワークやFTTHなどでは、光ファイバを分岐する光カプラがキーパーツとなります。
ミマキ電子部品では、お客様ご希望で様々な仕様へ
光カプラをカスタマイズします。(入・出力ポート、パッケージ等)
低損失なカプラを使い高品質なツリーカプラをご提供します。
*ポート数:1×2〜、低損失、波長:1310/1550
大規模マンション/集合住宅内での光配線分岐にも最適です。(19インチラック搭載型もご用意)

パッケージ例

1×8〜

1×32〜(2連SC使用)

1×16〜

1×24〜

ファイバコード付(1)

ファイバコード付(2)

変形

1×2〜

超多芯分岐カプラ
128分岐〜(集合住宅用等)

上記以外の品種、仕様、パッケージについてもご対応いたします。
まずはお問い合わせを!
ご注文・お問合せはこちらまで
他光製品はこちら!